【わかりやすく解説】SDGs・エシカル・サスティナブルの違いって?

最近、「SDGs」という単語も一般的に広がり

「エシカル」「サスティナブル」という単語も耳にするようになりました。

それらはどういった意味なのか説明できますか?

今回はそれらの単語をわかりやすく解説します。

目次

SDGsとは

SDGsとは 

Sustainable Development Goals
「持続可能な開発目標」が直訳です。

2015年9月の国連サミットで決まりました。

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。

ひとことで言えば、

SDGsとは、社会をよくするための世界共通の目標。

エシカルとは

エシカル(ethical)とは、直訳すると「倫理的な」という意味です。

ですが、SDGsと一緒に語られるエシカルは

「人や地球環境、社会、地域に配慮した考え方や行動」と考えた方がわかりやすいです。

つまり、ひとことで言えば、

エシカルとは、社会にいいこと。
(=人や地球環境、社会、地域にいいこと。)

サスティナブルとは

サスティナブル(=サステナブル)(sustainable)とは

直訳すると「持続可能な」という意味です。

SDGsのSである「持続可能な」と同じですね。

いまの社会は、環境問題やエネルギー問題など
この地球の持続がむずかしいのではないかと言われています。

つまり、持続不可能な未来が待っているからこそ
持続可能な、という単語が出てきたのです。

社会や地球が続くため、ということは、ひとことで言えば

サスティナブルとは、社会にいいこと。
(社会や地球が続いていくために必要な考え方や行動。)

エシカル・サスティナブルは同じニュアンス

SDGsは、ゴールまでの取り組みはそれぞれですが共通の目標は同じです。

それに対し、「エシカル」や「サスティナブル」は実際のところニュアンス的な意味で使われています。

また認証制度があるわけではないので、個々によってその使い方、捉え方も若干違ってきます。

Aさんはエシカルだということも、Bさんからしたらエシカルではないかもしれません。

ですが、上記のように、それぞれの語源の意味のように使われています。

例えば、

「エシカル」が使われる単語

  • エシカル消費
    →環境や社会に配慮された商品を買うこと
  • エシカルファッション
    →環境、生産者に配慮された洋服
  • エシカルな取り組み
    →フードロスをなくす取り組み

サスティナブルが使われる単語

  • サステナブル・シーフード
    →持続可能な漁業や責任ある養殖で生産された魚
  • サスティナブルファッション
    →持続可能な素材を使った洋服
  • サスティナブルな取り組み
    →環境に配慮した取り組み

SDGsのために、エシカルでサスティナブルな社会を

以上のことから

SDGsは目標、ゴール
そのための手段として、
エシカルやサスティナブルな行動や考えがある

ということです。

では、そんな社会にしていくために何ができるのでしょうか。

大きく分けて3つあります。

  1. エシカル、サスティナブルを知る
  2. エシカル、サスティナブルでお金をもらう
  3. エシカル、サスティナブルにお金をつかう

全て一度にするのはむずかしいですが、できること、関心のあることからアクションしていきましょう。

1人の100歩ではなく、100人の1歩が社会を変えていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる