【エシカルファッションまとめ】まずは取り入れたい海外発のサスティナブルブランド5選+1

「サスティナブル」「エシカルファッション」というワードを
よく聞くようになりましたが、

・なにを選んだらいいの?
・どんなブランドがあるの?

という人も多いと思います。

今回はそんな方に、最低限知っておけば間違いなし!な

海外のアパレルブランド5選+1を紹介します!

それぞれのブランドのまとめた記事もあるので
より詳しく知りたい方はそちらもチェックしてみてくださいね☺️

目次

Patagonia(パタゴニア)

https://www.patagonia.jp/home/

サスティナブルアパレルの先駆者

おそらく知らない人はいないのではないかと思うほど

サスティナブルなアウトドアブランドのパタゴニア。

1973年、イヴォン・シュイナードによって創業されました。

企業理念は「地球を救うためにビジネスを営む」

環境問題についても真正面から課題解決をするブランドです。

・30年以上前から変わらない「環境保全」というブランドメッセージ
・1994年から「環境レポート」、1996年から「オーガニックコットンの使用」
など、エシカルファッションの先駆者of先駆者
・持っているものを長く着てほしい、という価値観からリペアのサービスもある
選挙日に店舗休業するなど、社会に向けてのメッセージ性も強いブランド

パタゴニアの情報まとめ

HPhttps://www.patagonia.jp/home/
Twitterhttps://twitter.com/PatagoniaJP
Instagramhttps://www.instagram.com/patagoniajp/?hl=ja

こちらの著書

新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて 

も、パタゴニアを知る上でおすすめです。

EVER LANE(エバーレーン)

https://www.everlane.com/

徹底した透明性を追求したブランド

2つ目は2010年に創業されたサンフランシスコ発のエバーレーンです。

コンセプトはRadical Transparency「徹底した透明性」です。

・商品の原価やコストを具体的に公開している
・商品が作られている工場を公開している
・2010年創業、D2Cの先駆者的ブランド

コストや工場の公開が透明性?と思う人がいるかもしれませんが

他のアパレルブランドで同じことをしてるブランドはなかなかありません。

また、サプライチェーンのブラックボックス化から

こうした取り組みは、Y Z世代の購入の一つの選択肢になるのです。

エバーレーンの情報まとめ

HPhttps://www.everlane.com/
Instagramhttps://www.instagram.com/everlane
Twitterhttps://twitter.com/everlane
Facebookhttps://www.facebook.com/Everlane

Allbirds(オールバーズ)

https://allbirds.jp/

サスティナブルなスニーカーブランドの代名詞

3つ目はオールバーズ。

2016年サンフランシスコ発のスニーカーブランドです。

コンセプトは気候変動を逆転させる

タイムズ誌に紹介される、デカプリオが出資をしているなどビジネス的視点からも
そして、素材や環境にこだわる、環境意識の視点からも注目もブランドです。

・ブランドメッセージも商品も、環境意識が高い
・商品はデザイン、履き心地もよい◎
・独自データのオープンソース化や
他企業とのコラボなど、オープンマインド精神◎

オールバーズの情報まとめ

HPhttps://allbirds.jp/
Instagramhttps://www.instagram.com/allbirdsjapan
twitterhttps://twitter.com/allbirds
Facebookhttps://www.facebook.com/weareallbirds
Pinteresthttp://pinterest.com/weareallbirds

ECOALF(エコアルフ)

https://ecoalf.jp/

第二の地球はないのだから

4つ目は2009年スペイン発のアパレルブランド、エコアルフ。

全ての商品が、環境負荷の小さい素材でできています。

地球環境のために服を売る、そんなコンセプトのブランドです。

・全ての商品の素材にこだわっている
・エコアルフ財団も説立され、海の海洋問題にも取り組む
・日本の海にのプラごみを日本でリサイクルし商品にする
という独自の取り組みもしている

エコアルフの情報まとめ

HPhttps://ecoalf.jp/
Twitterhttps://twitter.com/ecoalf_japan
Instagramhttps://www.instagram.com/ecoalf_japan/
Facebookhttps://www.facebook.com/ecoalfjapan/
YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCS8u9n94u2fOFQM6rld1bqA?reload=9&view_as=subscriber

MUD jeans(マッドジーンズ)

https://mudjeans.eu/

サーキュラーエコノミーの先駆者ブランド

服を買うではなく、「借りる」
そしてそれを「返して」新しいものを「借りる」

そんな循環をさせているのが2012年、オランダで立ち上がったマッドジーンズです。

コンセプトは「Creating a world without waste 」無駄のない世界を作る

・世界で初めての「サーキュラーエコノミージーンズ」
・オーガニックコットンの使用
・ビーガン対応
・100%リサイクルジーンズでの開発中

マッドジーンズの情報まとめ

HPhttps://mudjeans.eu/
Facebookhttps://www.facebook.com/MudJeansNL/
Twitterhttps://twitter.com/mudjeansnl?lang=en
Pinteresthttps://www.pinterest.at/mudjeans/
instagramhttps://www.instagram.com/mudjeans/
YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCdZTlPDQByUyreaA_whtMjQ

まだ日本ではリリースされていません😢

Enter the E(エンター・ザ・イー)

ブランドがたくさんあって何を選べばいいの、というエシカル難民に朗報です!

https://enterthee.jp/

エシカルアパレルブランドのセレクトショップ

最後に紹介したいのが、Enter the Eというブランド。

こちらのブランドは、「セレクトショップ」です。

上記の5つとは違い、自社での製品開発、販売ではなく、

海外のエシカルブランドをセレクトして、日本のECサイトで販売しています。

・たくさんのブランドを知れる、見れる
・独自の選定基準がある
・毎週ライブ配信をしてるのでリアルタイムに気になることも聞ける

Enter the Eの情報まとめ

HPhttps://enterthee.jp/
Twitterhttps://twitter.com/enter_the_e
Facebookhttps://www.facebook.com/Enter.the.E.Tokyo/
Instagramhttps://www.instagram.com/enter_the_e/
YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCRS_pagZzH1rqA6efY8Ti2Q

選択肢が増えつつあるエシカルファッション

10年前は「エシカル」という言葉すら世に出回っていませんでしたが
いまはこうして耳にするようになり、選択肢も増えてきました。

少し前までは、環境問題やアパレル業界の問題を目の当たりにしても
「選択肢がない」状況でしたが、いまはこうしたブランドがあります。

またどのブランドも、「商品」はもちろんのこと
「パーパス」や「ビジョン」がしっかりとある
これからの社会に必要なブランドばかりです。

そして今回は、「海外発」というコンセプトでまとめてみましたが
ちゃんと「国内」でも商品やコンセプトが素晴らしいブランドもたくさんあります。

そちらもたのしみにしていてください☺️

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる