最近のわたしのコーヒー事情。

 

 

最近のコーヒーについて思ふこと。

 

休みの日のカフェは特別なものだった

 

まあ昔?からカフェに行くのはすきで

自分ひとりの時間とか、その空間がすきだったから

京都に来る前は、神楽坂の上島珈琲にめちゃ行ってて

京都に来てもカフェはときどき行ってたし

野菜をとってくれてるお客さんのお店で食べるのすきだから

そういうお店も行くようにしてました。

 

 

コーヒーに関しては

まあ、あったらいいな、飲めればいいな、ぐらいで

そんなに興味はなかったかな。

コーヒーというより、その時間と空間がわたしは欲しかった。

 

 

そしたら出会ってしまった、最高な一杯。

View this post on Instagram

・ しずおかでも 美味しいコーヒー 飲めるとこあるかなあ〜 って思って見つけたお店 @ethicus.jp ・ カフェラテと プリンいただきました🍮 カフェラテは わたし史上 いちばん好きな感じだった〜💓 チョコっぽくてワインぽい風味もあって いままでに飲んだことがなかった感じ!!! 本当に美味しかった!!! そしてプリンも美味💓 ・ コーヒーのお話も 聞かせてもらえて しずおかに住んでたら 毎週でも通いたい! ・ ていねいに こだわりをもって 生きてる人は やっぱりすてきだ お野菜もコーヒーも同じ 京都に帰ったら たくさんカフェ巡りしよ〜 明日も行きたいなあと企み中🤔 ・ #静岡市カフェ #静岡カフェ巡り #ethicus #ethicuscoffeeroasters #エートス #エートスコーヒーロースターズ #しずおか #静岡 #静岡帰省 #帰省 #プリン #絶品 #静岡おすすめ #日吉駅 #カフェ #自家焙煎 #ていねい #こだわり

A post shared by mifumi (@_mifumi_) on

 

たまたま、有休を使って

静岡に帰省しているときに出会ってしまったのです。

 

京都にもいい感じなカフェたくさんだけど

静岡にもいい感じなカフェないかな〜って思って

インスタ映えていたのが、エートスさん。

 

 

とりあえずたのんだ、カフェラテが

わたし史上いちばんおいしかった。

27年間生きてきた中で、一番好みのカフェラテだった。

 

ガムシロ入れてないけど、チョコっぽい甘い風味とワインっぽい風味というか、、、

日本語力がなくてなんて言ったらいいのか、わからないけど

本当に本当にいままで飲んだカフェラテと違って

おったまげてしまって、、、

なんにもない静岡だと思ってたけど

こんなおいしいコーヒーあるんだって思った。

 

だから、お店の人にいろいろお話聞いたら

京都だったらクラスさんとかあるよね〜とか

ライトアップコーヒーさん知ってるよ〜

だったりとか、わたしでも知っているようなお店の話をしたり

「今度、トウキョウコーヒーフェスティバルもでるんだよ」

って話から、うちの会社も出るんですよ〜

みたいな話になって、少しばかり盛り上がったのです。

 

 

コーヒーって共通言語なんだなと思った。

 

住んでるところは違うし、コーヒーの知識は雲泥の差だろうけど

その中から共通点とか、知ってることがあると

なんか、わたしはすごくうれしかった。

静岡なんて、、、みたいに思っていたから笑

こんなステキなお店が静岡にあるなんて、、、みたいな驚き。

そして、コーヒーを通して話が膨らんだうれしさ。

 

 

だから、京都に帰ってからも

今度はおいしいコーヒーのカフェめぐりしようって思ったのです。

あの時、驚くぐらいおいしい気持ちになったから

また京都でもおいしいコーヒーに出会いたいなあ〜って。

 

 

 

コーヒーは嗜好品だ。だからこそ、、、

 

 

久しぶりにこんな動画を見てしまって

ああ、コーヒーって嗜好品だったなと思った。

このコーヒーの実を手で収穫する人がいて、それを洗って、乾かして

大きな船で日本にきて

またそれを焙煎して、粉にして、コーヒーを淹れるって、

いろんな人が関わって、いろんな工程があって目の前のコーヒーなんだなって。

(世の中にあるものは全部そうなんだろうけど。)

 

わたしにとってはお休みの日の

ゆっくりしたい日に、ぼけーっとしたい贅沢な

大切な時間にあるものだから、

時間も空間もいいものに囲まれていたい時間。

そんなんだったら、ちゃんとコーヒーだって

ていねいにいれてくれるお店

こだわりもってやっているお店

コーヒー豆まで知ってこだわっているお店に

行きたいなあって思うようになりました。

 

 

スペシャルティコーヒーを巡ろう

 

それから京都に戻って、ライトアップさんに行きました。

そこでまた少しお話聞かせてもらって

スペシャルティコーヒーに興味を持ちました。

あんまよくわかってなかったのだけれど

優しいお兄さんが

フェアトレード認証の品質も考慮したコーヒー版みたいな感じだと

教えてくれました。

作り手の配慮、環境、価格、そして品質、おいしさを

ちゃんとした機関が認証してokだったものがスペシャルティコーヒーと名のれるのだそう。

なるほど、まさにそれはわたしがいまいいなあと思っていたもの。

 

 

というわけで、

京都スペシャルティコーヒーめぐりもしてゆきたいのだ!

と意気込んでいる最近。

でも京都にはすてきなお店がたくさんだからそれ以外にもたくんさめぐりたい。

 

大事な時間だから、ちゃんと大事にされてきたものと一緒に時間をすごしたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

27歳会社員。静岡→東京→京都2年目。 京都、おやさい、カフェ、想いのあるものがすき。 ていねいな暮らしに憧れるズボラです。 興味ごとは、京都お店巡り、珈琲、婚活、社会のこと。 紅生姜が生姜でできてることを最近知りました。 正真正銘の童顔で中身も子どものままです。