エシカルって?という人にまずはピープル・ツリーのすゝめ。

人にいいもの

環境にいいものを買ってみようかな

という人にまず、ここのブランドを知ってもらいたいな

というのが、ピープル・ツリー

フェアトレードとか、エシカルファッションという

キーワードを探せば、すぐに出てくるピープル・ツリー

 

 

 

 

ピープル・ツリーとは

 

 

ピープルツリーは、お客さまに「ファストファッションを選ばないお買いもの」方法として、「フェアトレード・アイテムのお買いもの」を提案しています。

ファストファッション業界は服やアクセサリーを驚くほど安く販売しています。それは「安い商品を買いたい」というお客さまの飽くなき需要に支えられているため、ビジネスとしては成立しています。しかし、服をつくる人たちの労働環境や、児童労働、環境や汚染や地球温暖化に多大な悪影響を与えています。

 

ピープル・ツリーはフェアトレードのパイオニア的な会社です。

創業は1991年!(わたしの生まれた年!)

エシカルで、地球環境にやさしく、サスティナブルなファッションをつくり続けています。

服やアクセサリーをはじめ、フェアトレードの食品や雑貨なども扱っています。

webショップでも購入できますし、自由が丘に店舗もあります。

でも割と目にするのは実店舗よりも、それを卸してるお店の方が多いと思います。

ナチュラル系、エシカル系の雑貨屋さんで見かけることもあるし

ナチュラル系の食品店にあるチョコだけも見たことがある人もいるんじゃないでしょうか?

 

フェアトレードとは。

簡単に言えば、

フェア=公平な、トレード=貿易です

えっ。逆に不公平な貿易ってなに?って感じですね。

全てではないけれど、不公平な貿易がされているわけですね。

 

 

例えば、1枚1000円のTシャツ。

そのTシャツに材料費、それを作る人の人件費、輸送費、販売価格を入れて1000円なわけです。

でも消費者が価格しか見ずに、もっともっと安くを求めて、

それを他社と競争していけば、価格は安くなっていきます。

900円、800円、、、というふうに。。。

価格を安くするために、材料費にも輸送費にも限界があります。

そこで価格を安くするために

人件費がどんどん削られていくことになるのです。

わたしたちがもっと安く!を求めすぎるせいで

それを作る人のお給料も安くなる。

一日何十時間も働いて200円、150円、、、なんてことになってしまうのですね。

 

 

 

そんな作り方ではなくて、ちゃんと作り手の人にも

働いてもらった分、しっかりとお給料を渡せる貿易をしようっていうのが

フェアトレード。

環境にいいコットンを使って、

一日適切な時間働いて、適切なお給料をもらって作られたTシャツを

売りますっていうのがピープル・ツリーです。

もちろんTシャツは800円よりも高くなるけれど

それは環境にも作り手にも優しいお買い物になるわけです。

 

 

 

服、雑貨、食品まで見つけられるピープル・ツリー

2013年のラナプラザ崩壊事件から

エシカルやサスティナブルというキーワードが注目されるようになってきたかな

と思っているのですが

それよりもずっと前から活動してきたピープル・ツリーは

素晴らしいなあと思います。

服だけでなく、アクセサリーや食品、雑貨なども

揃っているところもいいなあって思います。

 

 

 

ちょっとエシカルとかサスティナブルとか

興味持ち出したけど、あんまり分からないなあとか

どんなところで買ったらいいのかなあ、なんて人は

まずはフェアトレードの老舗、フェアトレードでお買い物するのも

いいんじゃないかな〜なんて思います。

 

 

 

ユーチューブでも

ピープル・ツリーの服作りについての動画があるので

ぜひ見てみてください〜

 

 

 

ぬ。ありちゃんがピープル・ツリーに行ったときの動画。

かわいいなあ。。。