知る・考える

エシカル、オーガニック、SDGs、サスティナブル、、、、ってなに?

最近になって、企業や雑誌、テレビでもとりあげられるようになりました。

エシカル、オーガニック、SDGs、、、、ひっくるめて、エコとか環境にうよさそうとか思うけど、それぞれどういう意味なの?

ということで、それぞれのコトバの意味をまとめてみました。

オーガニック

オーガニック(=organic)直訳すると、有機的という意味です。

つまり
農薬や抗生物質、成長ホルモンなどを使用せずに生産されたものを指します。

例えば
有機野菜
→農薬、化学肥料を使用せずにつくられたお野菜

オーガニックコットン
→農薬を使わずにつくられたコットン

オーガニックコスメ、オーガニックシャンプー
→オーガニック素材を使ってつくられた化粧品やシャンプー

ここでは簡略して説明してしまいましたが、
有機野菜は認証機関の許可がないと「有機野菜」と言って売ってはいけません。
つまり、農薬化学肥料を使っていなくても、「有機野菜」と言ってはいけません。
また、農薬化学肥料は使われていることもあります。(認定機関が許可したもの)

オーガニックコスメは、日本には認定機関がないため、原料の1%だけ入っていればオーガニックコスメと言えてしまいます。

 

エシカル(=エシカル消費)

エシカル(ethical)とは、直訳すると、倫理的道徳的、という意味です。

つまり
生産者や、生産背景、原材料、環境、自然、未来に配慮した消費活動のことです。

最近では、

エシカルファッション
→生産者の配慮や、オーガニックコットンなどを使用したファッション

エシカル消費
→生産背景、環境自然に配慮した消費行動

エシカルのメリット・デメリット
エシカルってなに?エシカル消費のメリット・デメリットまとめエシカル、エシカル消費、などの言葉を最近よく目にするようになってきました。 そもそもエシカルってどういう意味? それって、誰...

フェアトレード

フェア=公平な、トレード=貿易

つまり
原料の生産者とそれを購入、製品化する企業の間で適正な価格で取引すること。

フェアトレードは公式な認証機関があり、認証マークがあるものをフェアトレード商品として売ることができます。

SDGs(エスディージーズ)

SDGs(エスディージーズ)と読みます。

Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標と直訳できます。

SDGsとは最近目にするこれです。

世界レベルの約束ごとです。世界のみんなでこれを目指していこう!という目標です。

17のゴールと具体的な目標である179項目をかかげ、2030年までに達成することを目指しています。

例えば
1.貧困をなくそう

8.働きがいも経済成長も

17.パートナーシップで目標を達成しよう

などの目標があります。

サスティナブル

サスティナブル(Sustainable)とは、持続可能なという意味です。

ESG投資

ESG投資(イーエスジー投資)と読みます。

環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資です。

自分が心地よい選択を

さまざまなキーワード、コトバがありますが、それらにとらわれず、最終的には自分の心地よい選択をするのが一番です。

ゆるゆると自分のできることを続けていけたらいいですね。

 

ABOUT ME
mifumi
27歳会社員。静岡→東京→京都2年目。 京都、おやさい、カフェ、想いのあるものがすき。 ていねいな暮らしに憧れるズボラです。 興味ごとは、京都お店巡り、珈琲、婚活、社会のこと。 紅生姜が生姜でできてることを最近知りました。 正真正銘の童顔で中身も子どものままです。